【ダイソー】ヘアーファッションウィッグ(ロングウェーブ)を使ってみた

ダイソーではファッションウィッグも販売されていることをご存じですか?いくつか種類もあるのですが、440円~550円でフルウィッグを買うことができるんですよ。

でも、550円のフルウィッグと聞くと、クオリティが低そうだしお金を無駄にしそうな気がしてなかなか買えずにいました。

あすか

前から気になっていたけど、購入する勇気がなかったんだよねぇ…

ですが!今回は、勇気を出して実際に購入して着用してみたので、同じようにダイソーのウィッグが気になっている人は参考にしてみてください。

目次

【ダイソー】ヘアーファッションウィッグ(ロングウェーブ)の商品詳細

ヘアーファッションウィッグ(ロングウェーブ)
価格550円
素材ポリエチレンテレフタレート
カラーダークブラウン
サイズフリーサイズ
耐熱性×

今回選んだのは、ロングウェーブのフルウィッグです。

ロングウェーブのウィッグは、ウィッグ専門店のものでも、絡みや通気性などでなかなか満足のいく使い心地に出会えないのですが…ダイソーの550円クオリティや如何に!

ダイソーのウィッグ(ロングウェーブ)を実際に購入してみた!

それではさっそく開封してみましょう!

クリアケースを開けて登場したウィッグは、保護ネットにかろうじて収まっているという印象を受けました。ウィッグネットは付属していません。

あすか

この段階ですでにかなりのボリューミーさを感じています。

そのままウィッグスタンドに置くとこんな感じ。とにかくボリュームがスゴイ。ちょっと触るだけで毛がゴッソリ抜けます。

髪質はリカちゃん人形といった感じでしょうか…。キューティクルの欠けたギシギシヘアです。

ブラッシング後がこちら。

……爆発…しちゃったな…(汗)ボリュームがさらに増してしまいました…。

後ろから見るとこんな感じ。なんというか、ブラッシングしてもしても絡まっていくので、ブラッシングの止めどきが分からないです。

そして抜け毛の量がとにかく多い!

今までいろんな絡みやすいウィッグをサラサラにしてきたタングルティーザーを使ってもこの有様です。普通のブラシだったら、途中でブラッシングを投げ出していたかもしれない。

気を取り直して、つむじを見ていきましょう!予想通りの*型つむじ。安いウィッグはだいたいコレですもんね。自然さ?人工頭皮?550円では無理です。諦めましょう。

キャップはメッシュ素材ではありますが、硬めでゴワゴワとしています。

もちろんアジャスターなどのサイズが調整できるものはありません。フリーサイズということで、伸縮性はそこそこありそうです。

ダイソーのヘアーファッションウィッグ(ロングウェーブ)を実際に着用してみた

ブラッシング後、実際に着用してみました。

あすか

ボリュームがすごすぎ!魔女かな?

画像見てもらえばわかると思いますが、ボリュームがとにかくヤバいです。わっさわさ。

パッケージ画像からはもはや別物。パッケージ画像のイメージで使いたいのならば、決してブラッシングをしてはいけません

前髪もウェーブしているのですが、まぁ、寝ぐせにしか見えませんよね。

横から見てもボリューミー。

後ろ姿もボリューミー。550円でこれだけの毛量が手に入ると思えば、オトクのような気もしてきました。

【結論】550円ロングウェーブはボリュームがスゴすぎて扱いづらい…

ダイソーのロングウェーブウィッグを実際に使ってみて、正直、扱いにくいと思いました。

予想はしていましたが、とにかく絡みやすいです。ブラッシングしているんだか余計に絡まらせているんだか分かりません。

あすか

ブラッシング中にウィッグスタンドを倒してしまったときなんて、どこが前髪だか分からなくなって大変でした…

そもそも、パッケージ画像のイメージで使いたいのならば、決してブラッシングをしてはいけません

というわけで、ファッションウィッグとしてはあまりオススメはできません。しかし、コスプレ用なら十分に活躍の場はありそうだと思いました。

あすか

マンガやアニメに、こういうボリューミーなソバージュヘアのキャラクターってたまにいるよね!

他にも、文化祭の出し物や、忘年会や結婚式などの余興などでは活躍するかもしれませんね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ウィッグ大好き2児の母。
モットーはラクして楽しむ♪
普段使いに最適なウィッグを探し求め、ファッションウィッグから医療用ウィッグまで幅広く愛用しています。

目次
閉じる